あきらのあきらめないブログ

普段は歴史ブログを書いていますが、それ以外の思いを綴ります

理髪店の気持ちいいシャンプーと、よく染まる白髪染めの方法

f:id:t-akr125:20161204125616p:plain
こんにちは。たなかあきらです

昨日は久しぶりに理髪店に行って、髪の毛を切りました。ついでに、髪の毛も染めてもらいました。白髪染めです

 

 

サラサラ感の気持ちいいシャンプー

f:id:t-akr125:20180108145916j:plain
※たなかあきら、ではありません

 

1月の時期に髪の毛を切りすぎると寒いので、あまり短くはしませんでした。短くしないと、理髪店で髪の毛を切って、より感じることがあるのです。

 

「なんで、理髪店で髪の毛を洗ってもらうと、すごい気持ちがいいんだろう」
と思いません?

 

頭を洗ってもらうのが気持ちいいのもありますけど、髪の毛がとっても気持ちいいんです。

 

とてもいい匂いがしますし、しっとりしていて、サラサラなんです。このサラサラ感が半端ないんですよね。

 

その日一日、何度も髪の毛をかき上げて、髪の毛のサラサラ感を楽しんじゃうんです。そして、手のひらのにおいも、クンクン嗅いだりして。すみません

 

理髪店はいったいどんなシャンプーを使っているんだろうか? 僕は長年の疑問でした。

 

二か月に一度くらいの割合で、理髪店に行った時の楽しみにしておいて、特にこれまでは調べたり聞いたりはしなかったのです。

 

でも、ちょうどシャンプーが置いてあったのが目に入ったので、シャンプーの名前をメモしておきました。

 

これでした。XXIMO(これでエクシモという)という名のシャンプーでした。
ふふふ、これで日常的に髪の毛の気持ちよさが味わえるわ~ 

 

よく染まる白髪染めの方法

 

f:id:t-akr125:20180108151735j:plain

※たなかあきら、の頭です

 

理髪店に行くと、かならず髪の毛も染めてもらいます。

市販の白髪染めを買ってきて、自分で白髪染めをやると、染まっている部分と染まらない部分が、できて奇麗に仕上がらないんですよね。

 

だけど、理髪店で染めてもらうと、バッチリきれいに染まって、白髪が目立たない期間も長いんです。だから、カット+シャンプー+顔そり代に2520円上乗せして、合計4500円で白髪染めまでやってもらっているんです。

 

なんで、理髪店ではきれいに染まるんでしょうね?

 

浸かっている白髪染め剤が違うから? やっぱり染める人の腕がいいから?
市販の白髪染め剤を持ち込んでも染めてもらえば、謎は解けると思います。だけど、僕は理髪店は染める人の腕が、僕よりずっといいから、だと思います。

 

理髪店での白髪染めの方法に特徴があることに気がついたので、書いておきますね。

 

・白髪染め剤はたっぷりと、丁寧につける
・白髪染めを付けた後は、サランラップで頭をぐるぐるに巻く
・そして、サランラップの上から熱を加える(15分くらい)

 

これで出来上がりです。熱を加えるのは専用の機械でやってますけど、自宅ではドライヤーでも良いと思います

 

この方法が、僕の通っている理髪店の白髪染めのノウハウです。今度、ぼくも試してみようと思ってます!

 

ありがとうございました

※市販の白髪染めでは、この辺を使ってみたいです 

利尻昆布ヘアカラートリートメント白髪染め200g(ブラック)

利尻昆布ヘアカラートリートメント白髪染め200g(ブラック)

 
テンスター ヘナ カラートリートメント ダークブラウン 250g

テンスター ヘナ カラートリートメント ダークブラウン 250g