あきらのあきらめないブログ

普段は歴史ブログを書いていますが、それ以外の思いを綴ります

アマゾンの変わった利用法

f:id:t-akr125:20171115220426j:plain

f:id:t-akr125:20161204125616p:plain
こんにちは。たなかあきらです。
僕の部屋はちょっと変わっています。何にもありません。

何にもない部屋に住む

僕の部屋には、殆どものが置いていない。特に、大きなものは何にもない。テレビもビデオもない。冷蔵庫はない。掃除機もない。ベッドもない。椅子も机もなく、ガランとしている。

僕は、物を持つのが好きではないのだ。「欲しいなあ」と思っても、じっくりと考えて「やっぱり、買うのは控えておこう」という結論に達するか、工夫をしてあまり持たなくてもよいように、最小限にとどめる。

 

知り合いに話すと、
「よく、そんな状態で生活が出来るな。俺なら、退屈で死にそうになる」、
と驚かれる。

 

「何も買っていないので、さぞかし、お金はたまるんじゃない?」
と聞かれることもあるが、貯金とは無縁の状態が続いている。

 

僕は物を持つのが好きでないから、有形物にお金を使わず、無形物に多くのお金は費やしている。例えば、食べてなくなる物、飲んで無くなるもの、映画やイベントなどに参加して、たのしんでいる。

 

僕の部屋をグルリと見回してみる。畳が6枚しかれており、まるで牢屋のようだ。平坦で真っ白な壁が、部屋の周りを取り囲んでいる。殺風景だ。本当に、投獄された様な気分になってくる。

 

部屋に置いてあるもので、目に出来るものは、白い壁際にたたんだ布団と、ノートPCが一台だけだ。このノートが外界と接触できる、唯一のものでもある。

椅子は無く、座布団もない。だから、畳の上に直接、おっさん座りをして過ごしている。(押し入れの中には、数少ない服などが入っています)

 

有形物は、いらない、と言ったが、欲しくなることもある。

買うか買わないか

やはり、椅子は欲しい、と思った。コンパクトなもので、無形化に近いものが良い。僕の希望を叶える物がないか探しに、ニトリに向かった。

 

「折りたたみの椅子はあった。でも結構大きい。座椅子にしよう」

「いや、座椅子は腰が痛くなった事があるので、ダメだ」

「じゃあ、クッションは。ビーズが入ったクッションは気持ちいいよ」

「でも、すぐにへたりそうで、頻繁に取り替えないといけない様だな」

「それも面倒だな、どうする?」

「良い椅子が見つかるまで、取り敢えず、たたんだ布団に座る事にするか」

「そうだな、そうしよう」

僕は椅子を買う事を、断念した。

 

地べたにおっさん座りをして、ノートPCを扱うのは辛い。姿勢がわるくなり、腰や背中も痛むようになった。

椅子よりも机の方が、重要である事に気がついた。

 

机は必要だ。コンパクトなもので、無形化できるものは無いだろうか。僕はニトリイトーヨーカドーに行った。

僕の希望をかなえてくれる様な代物は見つからなかった。もの一つ買うだけで、こんなに苦労しなくちゃいけないのか。第1、コンパクトで場所を取らず、不必要になったら簡単に無形化できるか、分解再利用できる物に限定すること自体に、無理があったのか。

 

アマゾンの通販で探してみた。以外にあるもんだと思った。これなら、軽いし簡単だし、不必要になったら、普通に燃えるゴミに出せる。

 

「よし、これを買おうかな」

「ちょっと待った」

「買っちゃダメなのか」

「いや、そういうわけじゃないけど、単刀直入に言うと、ダンボールじゃん」

「まあ、ダンボールのような感じですね」

「君は、デザインとか無頓着だろう。こんなオシャレでなくて、良いだろう」

「まあ、おっしゃる通り、外見は気にしませんが。実用性あるなら、と思います」

 

「じゃあ、こうしたら。この前、アマゾンで服を買って送られてきただろう」

「ええ。そういうことですか。なるほど。そうしよう」

 

僕はアマゾンから送られて来たときのダンボールを再利用した。

耐久性もないし、オシャレでも無いかも知れないが、誰にも見られないし、僕一人使うだけである。

必要なものは、結構アマゾンから買うことも多いので、ダンボール箱もたまってくる。タダであるし、これを利用しない訳はない。一石二鳥である。

天地逆になっているのは、開けた側を下にするからである。

f:id:t-akr125:20171115214030j:plain

 

最後まで読んでくださり有難うございました。

 

www.rekishiwales.club

www.rekishiwales.club

www.rekishiwales.club