あきらのあきらめないブログ

普段は歴史ブログを書いていますが、それ以外の思いを綴ります

男子の僕に聞いてはいけない得意料理

お題「得意料理」

f:id:t-akr125:20171111010316j:plain

 

僕に、聞いてはいけない質問がある。

「得意料理は何?」

これを僕に聞くのはNGである。聞かない方がためだと思います。

 

僕はカレーが大好きです

 

まず、材料から説明しましょうか。ではオーソドックスなカレーで行きましょうか。断っておきますが、たなかあきらの、クッキング講座ではありません。

・ジャガイモ、ニンジン(多めがいい)、玉ねぎ(ちょっと多めが好き)、その他(インゲン豆、レンコンを入れてもいいなあ。かぼちゃも旨そうだ)

・肉(豚肉、鶏肉、牛、ひき肉、どれでもいいよ)
・牛乳、ヨーグルト

・すりおろしたリンゴ(リンゴジュースもいいな)または、切ったパイナップルを入れてもグッド
ターメリック、パプリカ、コリアンダー、コショウ

・ちょいとバターにサラダ油
・隠し味は、コーヒー粉、醬油少々

・市販のカレールー(なんでもよい)、コンソメ少々

 

次に作り方です。

あまり時間をかけたくないので、豪快に行きましょう。
なべに、適当に切った玉ねぎを入れます。そして、油、塩、コショウを適当に入れて、炒めます。コオバしい香りがするくらいがいいなあ。

そして、肉も食べやすいサイズに適当に切って、なべの中に入れて、一緒に炒めます。個人的には豚肉がすきかな。

さらに、ジャガイモ、ニンジン、カボチャ、レンコン、インゲン豆を切って、一緒に炒めます。塩コショウなどを入れて、味をつけておきます。ジャガイモはお腹が一杯になるので少なめにして、ニンジンが多めの方が好きです。

めちゃ、いい匂いがしてきますね。もう、これだけでも野菜肉炒めで、ご飯と一緒に食べたいくらいです。

 

ここで、水を入れます。いや、今回は水の代わりに牛乳とヨーグルトを入れておきましょう。まろやかな味が楽しめると思います。味わい豊かな、コンソメを入れます。そして、カレーのルーを入れます。

僕はスパイシーが好きなので、あらかじめ混ぜておいたスパイスを入れます。そして、しっかり、煮えるまで待ちます。

途中で、リンゴジュースやパイナップルを入れましょう。はちみつを入れるのもいいと思います。昔、ハウスバーモントカレー西城秀樹がリンゴとはちみつを入れてるコマーシャルがありましたよね。

適当に隠し味の醤油とコーヒー粉を入れておきます。意外と、コーヒー粉が国が出ていいんですよ。ブルーマウンテンがいいかな、それともキリマンジャロ。いいえ、カレーにしたらコーヒーの味なんて分かんないので、インスタントコーヒーで十分です。(と思います)

日本の味の基本である醤油は隠し味に入れたいですね。味に深みが出ますが、主張しないくらいに適度に少々が良いでしょう。(と思います)

ニンジンやジャガイモが、ちゃんと柔らかくなったら出来上がりです。(恐らく)

 

でも、僕は弱火でじっくりと煮込んだカレーの方が大好きです。火が通ったら寝かせて、冷めたらまた火を入れて、これを数度繰り返す。次の日になったら、ジャガイモは溶けてしまい、どっかにいってしまうけど、とても味に深みが出て美味しいんですよね。(多分)

聞いてはいけない得意料理

さあ、出来上がりました。試食しましょう。炊いておいたご飯をお皿に盛りつけます。そこに、大好きなカレーのルウを豪快に盛り付けます。サイドには、福神漬けじゃなくて、らっきょうを乗せておきます。

美味しいでしょうか。

「うむ、こりゃ美味い」

僕は、カレーが大好きなので、余程のことがない限りどんなカレーでも美味しく頂くことが出来ます。一度作ったら、朝昼晩、次の日もカレーでも、ちょっと黄色くなるかもしれませんが、大歓迎します。

 

「得意料理は何? ひょっとしてカレー?」

そんなことはありません。聞いてはいけない質問です。僕は料理男子でもなく、料理好きでもありません。自炊したことも殆どなく、おそらく作ったらおそろしい味になるかもしれません。

「うむ、こりゃ美味い」

とのんきに言っていられないかもしれません。これまで、説明してきたカレーのつくり方は、恐らくこうやって作るんじゃないかなと想像して描いた、「空想カレー」なのです。今回はオーソドックスなケースを想像して書いてみましたが、どんな味になっているのか、保証はありません。

 

僕の作る場合の得意料理は、空想カレーです。もっと、たなかあきら色が強い、オリジナリティーを出してみたいです。
僕の食べる場合の得意料理は、他の人が作る美味しいカレーです。ナンと一緒に食べるインドカレーは最高ですね。

 

最後まで読んでくださり有難うございました。