あきらのあきらめないブログ

普段は歴史ブログを書いていますが、それ以外の思いを綴ります

想像カフェ

 

f:id:t-akr125:20171202211840j:plain

 

「おじさん、こんにちは」

「こんにちは。坊やはお散歩かい」

「うん、パパと一緒にジョンの散歩なんだよ。日曜日はいつも、お昼に来てるよ」

「へえ。とっても坊やはえらいね。ジョンも立派な犬だねえ」

 

暖かい休日の昼下がり、おじさんは公園に出かける。気持ち良く吹いてくる風を感じながら、川沿いをゆっくりと歩き、人々の楽しそうな様子や動物達のすがたを眺めるのが、好きだ。

趣味という程でもないが、風景を写真におさめることもある。とても想像が広がる。

 

「おじさん、いいお写真撮れた?」

「坊や、見てみる?」

「うわぁ、凄い。みてみて、鳥の群れが川から飛び立ってるよ。僕、初めてみたよ。凄いなあ」

「そうかい、気に入ってくれたか。坊やありがとう」

「僕もおじさんみたいに、写真が撮れたらなあ」

 

リンリン。

「あら、ごめんなさい」

「すご〜い。あのお姉ちゃん、速いな、かっこいいなあ。僕もあんなスピードで自転車に乗りたいなあ」

 

「そう言えば、坊や。可愛い赤ちゃんを連れた夫婦を見なかったかい」

「見たよ。あっちの方で見たよ。何か、おじさんが、高い高いをしてたよ」

「ありがとう坊や。おじさんは、今からその赤ちゃんと夫婦に会うんだよ。そして、写真を撮るんだ」

「ふーん。そうなんだ。じゃ、バイバイ。おじさん、頑張ってね」
「じゃ、坊や、ありがとね。また、来週会えるかも知れないね」

 

そんな会話を聞きながら、ベンチにゴロリと横になった。そして、コーヒーを片手にゆっくりと読書を楽しむのだ。とても想像が広がる。

風がそよそよと吹いて、私の髪をユラユラと揺らす。木々の葉がカサカサと音を立てる。こんなに天気の良い日は、家の中で静かに本を読むより、目一杯外の空気にふれて自然の一員になり、開放的な気分で過ごした方が、私の性に合っているのだ。私にとって、至高の休日の過ごし方だ。

 

 

僕は、ゆったりとコーヒーに手を伸ばした。そして、再びノートの画面に向かい、記事をアイディアを考えはじめた。

僕は、静かな部屋に閉じこもっているよりも、このカフェに来て、パソコンで記事を書くのが好きだ。何しろ、想像が広がるからだ。

僕は情景を思い浮かべながら、ゆったりとコーヒーカップに手を伸ばした。

カフェの中をぐるりと見渡すと、多くの人もコーヒーなどを飲みながら、勉強したり読書したりしている。推理小説だろうか、犯人は予想できたのかな。資格のテスト勉強だろうか、来週が本番で最後の追い込みだろうか。

じっと見たり聞いたりするわけでは無いが、若い女性たちや、カップル達も楽しそうに会話をしている。今度行く、レストランを選んだり、クリスマスの過ごし方の、予定を立てているのかも知れないな。楽しそうだ。

 

そんな人々がくつろいでいるカフェの壁一面に、見事な絵が描かれているのである。僕はその絵を眺めるのが好きだ。コーヒーを飲みながら、描かれている人々を観察していると、まるで絵の中に入ってしまったかのように情景が浮かんでくる。

 

「あら、こんにちは。お久しぶりです」

「おお、かわいいねえ。大きくなったねえ」

「写真を撮る前に、おじさんにも、だっこさせてもらってもいいかな」

「ええ、どうぞ。どうぞ」
「うっ、うっ、えっ、えぐっ、ぎゃ~」

 

僕はこのカフェがとても好きである。僕は、このカフェに来るたびに絵と向き合い、毎回違った想像の広がりを楽しんでいるのである。家に閉じこもってパソコンに向き合っているより、このカフェに来てコーヒーを飲みながら過ごす時間が、僕にとっては至高のひと時なのである。

 

 f:id:t-akr125:20171202212321j:plain

 

最後まで読んでくださり有難うございました。

 

www.rekishiwales.club

www.rekishiwales.club

www.rekishiwales.club

www.rekishiwales.club