あきらのあきらめないブログ

普段は歴史ブログを書いていますが、それ以外の思いを綴ります

これって私だけ? その2 ポイントや割引券に無頓着な男

お題「これって私だけ?」

f:id:t-akr125:20171119164515p:plain

 

f:id:t-akr125:20161204125616p:plain

これって僕だけなのだろうか? 第二弾です。

 

いろいろ考えてみるときりがない。もし、僕しかいなかったら、と思うと、哀しく恥ずかしいような気もするが、これが僕なんだと希少価値も多少はあるかも知れない、という気にもなる。

なぜか、こういう物って、些細なことの方が気になるものである。人生、大きく生きねばと思う。しかし、変な点は改めねばならぬ。

僕の思う、僕だけ? 変だろうか。アドバイスを賜りたいです。

剃り残しが気になって仕方ない男

僕はヒゲの剃り残しが気になる。ヒゲを剃り始めた高校生の頃からだ。剃り残しを見つけてしまったら、気になってしょうがない。処置をしないと気が済まないのである。   

 

仕事中でも、プチプチと指で抜き始める。鼻の下の剃り残しは、厄介だ。抜くのがとても痛く、抜けた時には目に涙がにじむ。

朝は綺麗に剃ったつもりでも、午後になると、剃りが甘い箇所からヒゲが伸びてくる。これも抜かねばならない。

 

会議中などでも、僕の左手の中指と親指は常に、アゴからホホ付近を行き来しているのだ。ヒゲを抜くときは、指だけでなく、標的のホホやアゴの部分にもやや力が入り、変な表情になっているかも知れない。特に会議中は、表情に出さないように、心がけている。

最近は、抜いたヒゲに白いのが多く混ざっており、ショックを受けている。

ヒゲの剃り残しが気になってしょうがなく、指でしょっちゅう抜いている。これって僕だけ?

 

タバコ全く吸わない男が吸いたくなる時

僕は、普段は全くタバコは吸わない。タバコを買って常用した経験も全くない。しかし、たまに無性にスパスパ吸いたくなる時がある。

 

パブでビールを飲んで、いい感じで酔いが回っている時だ。タバコは持っていないので、一緒にいる友達や知り合いから分けてもらう。もらいタバコしかしない、いやらしい奴だ。

 

タバコを吸うときは、半年ぶりだったり、一年ぶりだったりする。恐らく、一年のタバコ消費量は、5、6本くらいだろう。

そんな、タバコ未熟者に関わらず、吸うときは、目一杯肺の奥底まで吸い込むのである。

そうすると、1mgのタバコでもみるみる血管が締まり、すーっと血の気が引いてきて、あたまもクラクラしてくる。

そうすると、「悪い悪い、もう一本ちょうだい」、と調子に乗ってしまい、更にいやらしい奴になってしまう。酔っていると、ついやらかしてしまう。

この悪態、止めなければならない。せめて、持参するか買って返すくらいの心遣いは必要だろう。

普段は全く吸わないのに、年に数回もらいタバコで目一杯吸う奴。これって僕だけ?

 

ポイントに無頓着な男

僕の財布の中を見ると、割引き券やポイントカードが束になって入っている。これって使うだろうか?

会社の上司は細かい。割引き券はしっかり使い、ポイントはなるべく1つのカードにまとめる様にし、お得な商品券は買い、ちょっとでも得なものがあれば、電卓で計算して飛びついて買っている。

そのせいか、貯金もたんまりあり、先日豪邸を建てていた。僕とは大違いである。やはり、お金がある人は日頃から行動が違うのか。

 

一方、僕は割引券をもらっても、持っていることを忘れて、使う事はない。持っていると分かっても、カバンから取り出すのが面倒で、出さずにいる。気がつくと、期限切れの割引き券が代わりに貯まっている。

ポイントもどれだけたまっているか、見たこともないし、どんなメリットがあるかも知らない。ひょっとしてすると、ポイントがたまってプレゼントを貰ってないかも知れないし、ポイントも使わないまま、有効期間が過ぎているかも知れない。

僕はとても損をしているかも知れない。人が聞くと、呆れられる可能性が高い。ただポイントとか割引券に無頓着で面倒なのである。得する実感が無いのである。

ポイントや割引券に無頓着な男である。これって僕だけ?

 

つづく。

最後まで読んでくださり有難うございました。

www.rekishiwales.club

www.rekishiwales.club

www.rekishiwales.club

www.rekishiwales.club