あきらのあきらめないブログ

普段は歴史ブログを書いていますが、それ以外の思いを綴ります

新幹線でどうしても食べてしまうおやつ

お題「今日のおやつ」

 

f:id:t-akr125:20161204125616p:plain
こんにちは。たなかあきらです。 

普段ぼくは、おやつを食べません。
コンビニも近くがない職場に移ってから一年、僕はおやつを食べなくなりました。

会社で仕事をしていると、夕方には体が疲れ脳も疲れ、おやつを食べたい衝動にかられます。でも夕ご飯をオイシク、たくさん食べれるように、おやつを持参することもなく、ぐっと我慢しています。

だから、今日の僕には、お題にある「今日のおやつ」は、書くことが出来ません。

 

移動中にどうしても食べたくなるおやつ

しかし、ある所に行ったときに、どうしても食べてしまうもの、食べたくなるものってありませんか? 

普段は食べませんが、その時に限って、僕はおやつを食べたい衝動にかられ、おやつを食べるのです。それが、習慣化してしまっているかも知れません。

 

その時とは、新幹線に乗って移動するときです。

新幹線を利用するとき、特に夕方から夜に出張先から戻る時は、多くのサラリーマンの行動には、共通の傾向が見られると思います。

キオスクで缶ビールとおつまみを買って、プシューっとふたを開けてグビグビっと飲んで出張の疲れを癒します。

サラリーマン同士が、新幹線で乾杯している姿はしょっちゅう目にしますね。そして、新幹線に揺られいい感じに酔って、眠りにつくのです。

 

僕も、過去はこの一般的すぎるサラリーマンの姿と同化して、ビールを飲んでぐっすりと座席で眠っていました。このパターンはやめられませんね。

 

だけども、今の僕は残念ながら、そのお決まりのパターンからはおさらばしました。お酒を飲み過ぎて胃腸の調子を崩したり、ピロリ菌にやられたりしているうちに、新幹線で酒を飲むのは控えるようになったのです。

 

代わりに新幹線で移動中の時は、お酒を飲むのではなくブログの文章を書くことに、精を出しています。

 

新幹線の移動時間は、例えば東京-名古屋間ですと1時間40分くらいかかります。このくらいの長時間の乗り物移動といえば、子供の頃は遠足が思い出されます。やはり、遠足と言えば、おかしはつきものです。

 

大人ではお酒を飲むか、子供ではおかしを食べるか、いつの年連になっても移動中は何か口にする。そういう、先入観が無意識に、体に染みついているのでしょうか。

 

ブログを書くことに精を出しているとはいえ、新幹線に乗っていると、どうしてもお腹が空いてくるのです。お酒を飲む代わりに、どうしてもおやつに手を伸び、キオスクに行かずにはいられません。

 

おやつと言えば、これ

おやつと言うと、いつも腹を空かせていた学生の頃までは、毎日の様に食べていました。

好きなおやつは、柿ピー、ポテトチップス、チョコレート(できればアーモンド入り)、菓子パンも好きで、ナイススティック、アンパン、レーズンバーター、ジャムバター、などを頻繁に食べていました。

好きなおやつについて書いていると、お腹がすいてきて、食べたくなってきました。

 

今、上げたおやつの中で、最近かならず新幹線に乗るときに買ってしまうものといえば、柿ピーとナイススティックです。

 

どちらも、僕が子供の時から変わらずあるので、誰からも愛されているおかしなんでしょうね。そして、ペットボトルのボスコーヒーも調達します。

この三点セットが、ぼくの新幹線のお供です。昨日も、この三点セットと共に、出張先の名古屋から東京に帰ってきたのですよ。

亀田製菓 亀田の柿の種わさび 68g×10袋

亀田製菓 亀田の柿の種わさび 68g×10袋

 

 

これが気になる。 

激辛わさびの種 120g

激辛わさびの種 120g

 

最後まで読んでくださり有難うございました。

 

 

www.rekishiwales.club

www.rekishiwales.club

www.rekishiwales.club

www.rekishiwales.club