あきらのあきらめないブログ

普段は歴史ブログを書いていますが、それ以外の思いを綴ります

ソウルフードの答えを求めて

f:id:t-akr125:20171104121140j:plain

f:id:t-akr125:20161204125616p:plain
こんにちは。たなかあきらです。

「あなたのソウルフードは何?」

と聞かれると、何と答えるだろうか。

好きな料理ではなく、食べると元気になる料理である。落ち込んでいても、その料理を食べると、力が湧いてきてやる気を取り戻す料理である。

 

 

僕のソウルフード

子供の頃から僕はよく食べた。

「本当によく食べるなあ」

どこへ行っても、そう言われた。

 

ひょっとすると僕の特技かもしれない。アルデンテでも、クタクタになってしまっても、インスタントでも構わない。なんでも美味しくお腹いっぱい頂くことが出来るのだ。

お前の舌が鈍感なんじゃないか

と言われそうだが、僕は特にグルメでもなく、味にこだわりも持っていないので、何でも美味しくいただけるのだ。幸せなことかも知れない。

 

ラーメンもうまいし、寿司も大好きだ。うなぎも最高だね。

しかし、どんな料理を並べても、譲れないものがある。ソウルフードである。

 

僕のソウルフードナポリタンである。最初から知っていたわけではない。パスタはもともと好きだったので、レストランに行くことも多かった。

どのパスタも好きで、メニューにもいろんなパスタがあるのに、気が付くとついナポリタンを頼んでいる。ナポリタンと聞くだけで、食べたくなってしまうのだ。

なぜだろうか。懐かしい感じがする。

ナポリタンなら何でもいい。どちらかというと、ウィンナーが入っていてケチャップがベタベタと多く入っていて、パスタはクタクタだけど、ちょっと焦げてしまっていると、なお良い。

 

グルメでないはず、味にこだわらないはずの僕はいつしか、そんなナポリタンを求めるようになった。

 

ナポリタンの追憶

 

遠い記憶が蘇ってくる。

僕は子供の頃から大食らいだったので、母親は何でも大量に料理して食卓に並べてくれた。

 

パスタもよく作ってくれた。母が作るパスタはナポリタンが多かった。

 

何の変哲もないナポリタンだった。ピーマンや玉ねぎが入っていて、ウィンナーは僕が好きだったので、欠くことがなかった。

僕は大食らいなのでパスタの量も大量となり、入れるケチャップの量も大量となる。

家庭用のフライパンでは上手くこなし切れず、火が通るまで時間を要するので、ベタベタするけど焦げてしまうところがあったのでは、と推測する。

 

子供の頃、僕は母が作るナポリタンに慣れ親しんでいた。

たっぷりと粉チーズを振りかけて、大量に作ったナポリタンを僕は食べ尽くしていた。

母のナポリタンを食べると、笑顔になった。元気になれた。学校で先生に叱られても、友達にいじめられても、嫌なことがあっても、ナポリタンを食べると忘れることが出来た気がする。

 

母親は、色んな料理を大量に作ってくれた。僕はナポリタンと同じように、ハイエナのごとく食べ尽くしていた。数ある好きな料理の中で、なぜナポリタンが僕の中でソウルフードになったのかは、いまだに不明だ。僕はそれが知りたい。

 

ソウルフードの答えを求めて

 

母親も既にこの世にはいなかった。

 

僕は、その答えを知りたい。なぜ、ソウルフードナポリタンなのかを。僕は、懐かしの味に出会いたい。母が作るソウルフードを、再び味わいたい。

 

だからなんだ。

僕がナポリタンの食べ歩きを始めたのは。

 

 

麺はクタッとしていて、ケチャップがたっぷり入って、ちょっと焦げ目があれば最高だ。うれしくなる。最高級の、美食ナポリタンは必要ない。

子供の頃の記憶、母との記憶を思い出させてくれ、僕に元気を与えてくれるナポリタンが良いのである。  

これが僕のソウルフードなんだ。

今日もこれからソウルフードを求めて答えを求めて、ナポリタンを食べに行こうと思う。

 

最後まで読んでくださり有難うございました。 

情熱のナポリタン―BAR追分 (ハルキ文庫)

情熱のナポリタン―BAR追分 (ハルキ文庫)

 
日本全国 懐かしくておいしい! ナポリタン大図鑑

日本全国 懐かしくておいしい! ナポリタン大図鑑

 

 

 

www.rekishiwales.club

www.rekishiwales.club

www.rekishiwales.club

www.rekishiwales.club