あきらのあきらめないブログ

肩こり、背中こり、首こりと戦い、胃酸過多に苦しみ、ダイエットは得意なアラフォーを越えてしまった、オッサンです。健康になるために、あきらめず奮闘する内容を書いています。また普段は他で歴史ブログを書いています。

よく噛むというのは何回噛めばよいの? 胃酸過多も軽減する理由

f:id:t-akr125:20180917122022p:plain

 

f:id:t-akr125:20180724001733p:plain
こんにちは、たなかあきらです。
昔から、「よく噛んでゆっくり食べなさいね」

と親からも、幼稚園や小学校でもよく言われた覚えがあります。

 

しかし、現実社会の慌ただしさから、短い時間でさっと、食事を済ませてしまうことが
殆どですよね。

しかし、ご存知のとおり、よく噛んで食べると消化に良いです。早食いすると、胃の調子が悪くなったりしませんか?

特に胃酸過多に悩む僕は、あまり噛まずに早く食べると、胃酸がたくさん出て
胸やけが激しくなります。

 

実際、どのくらい噛めばよいでしょうか?
胃酸過多の僕の経験もあわせてご紹介いたします。

いったいどのくらい噛んでいるの?

 

f:id:t-akr125:20180201223717p:plain
1食でくらい咀嚼しているのか、というデータがありました。
現在では、食事時間の平均は11分で、噛む回数は平均で約600回だそうです。
(約1秒に1回のペースですね)

ところが、江戸時代の人たちは、一食当たり約1000回、鎌倉時代は約3000回、弥生時代では約4000回も噛んでいたそうです。
現代人の「食事の時に噛む」という行為は、激減していることが分かります。

 

確かに、昔と比べると現在では食生活が変わり、柔らかい食べ物が多くなっており、そんなに噛まなくても、飲み込むことが出来ます。

硬い鯨肉も食べなくなり、柔らかい肉が好まれ、硬い玄米もあまり食べなくなり、柔らかい白米ばかり食べてますよね。

硬い木の実や、昆布、雑穀、芋をそのまま食べたり、あごが疲れるほど噛んで食べる機会はほとんどないですよね。


噛むことによる良い効果

f:id:t-akr125:20180201223717p:plain
噛むことによって唾液腺を刺激して、唾液がよく出ます。
そして、唾液と食べたものが良く混ざります。

・唾液がたくさん出ると、唾液の中の消化酵素の働きがよくなります
・食べ物が細かく砕かれると、消化吸収が良くなります。

調べてみると他には

・口の中の殺菌増殖を防ぐ
・虫歯を防ぐ
・口の中の粘膜を保護する
・口の中の乾燥を防いで発音しやすくする

などの効果もあるそうです。


胃酸過多の噛むことによる効果

食べ物を食べて、胃の中に入っていくと、胃液が分泌されて食べ物とまざり、消化されていきます。
しかし、よく噛まずに飲み込んでしまうと、胃の中での吸収が遅くなり、長い時間胃の中にとどまることになります。
そうするとその間、胃酸が出続けて、胃酸が大量にでてしまうことになると思います。

 

f:id:t-akr125:20180203164430p:plain
僕は、胃酸過多の人ほどたくさん噛む必要があると思います。消化を早めることです。

よく噛むことにより、なるべく食べたものを細かく砕いて、唾液ともよく混ぜ合わせて
消化を良くして、胃の中から早く脱出させて胃酸の分泌を終了させたいですよね。

 

一口で何回噛めばよいの

f:id:t-akr125:20180724001733p:plain
色々調べてみると、「ひと口30回噛みましょう!」

と書かれています。

恐らく、急いで食べるときは、10回~20回しか噛んでない! と思います。

ひと口30回噛むと、やはり食べるスピードは遅くなります。
ざっくりの感覚ですが、これまで11分で食べていたとすると、13~15分くらいかかるんじゃないかと思います。

時間がない!というときもありますが、極力ゆっくりよく噛んで食べることを心掛けています。

 

f:id:t-akr125:20180203164430p:plain
特に、胃酸過多の僕は、胃酸が出過ぎないように気を使っています。
時間に余裕があるときは、更によく噛んでいます。
食べたものが、おかゆよりもトロトロになるくらいまで、かみ砕いて唾液とよく混ぜています。

時間があるとき、僕は一口50~60回くらい噛んでいると思います。
これが出来るのは夕食くらいで、やはり30分くらい時間をかけてゆっくりと食べています。

 

f:id:t-akr125:20180120143922p:plain
その効果があり、ゆっくりしっかり嚙んで食事を続けているときは、胃酸過多も穏やかになって、体の調子も精神的な調子もよくなっています。


最後に

 

f:id:t-akr125:20180724001733p:plain
人間の生きる基本の一つに「食べる」があります。
食べるの基本は「噛むこと」であると思います。

いかによく噛んで食べるかが、健康にも大きく影響を及ぼすといっても過言じゃないと思います。

ゆっくり噛むことによって、胃腸の調子もよくなり、便通も体調もよくなってきます。
そうすると、一日の生活リズムもよくなり、すべての調子もよくなりますよね。

「噛む」という単純な行動ですが、なんか調子がわるいなあ?と思われている人は
噛むことを見直してみるのも良いのではと思います。

 

最後までお読みいただき、有難うございました。
参考になったのでしたらうれしいです。 

www.rekishiwales.club

 

次回もよろしくお願いいたします。