あきらのあきらめないブログ

肩こり、背中こり、首こりと戦い、胃酸過多に苦しみ、ダイエットは得意なアラフォーを越えてしまった、オッサンです。健康になるために、あきらめず奮闘する内容を書いています。また普段は他で歴史ブログを書いています。

胃酸過多もほっと一息。胃腸に効くハーブティー7選 

f:id:t-akr125:20181002003940p:plain

f:id:t-akr125:20180724001733p:plain
こんにちは、たなかあきらです。

僕は、胃腸が弱く胃酸過多で、胃腸の状態が良くないことが多いです。

胃酸が出て胸やけがひどくなると辛いですし、精神的にも滅入ってきます。

胃酸が出やすい食材を避けたり、ストレスを軽減してリラックスすることが、主な対策と思います。

また胃酸を抑える薬を飲むというのも手段で、ひどい時は市販の薬を飲みますが、なるべくなら薬は飲みたくないですよね。

 

ハーブには様々な薬効があることが知られており、ハーブティーにするとお手軽に飲むことが出来ます。

その中で、胃の調子が良くなる効果が期待できるハーブティーについて調べてみました。

※効果は個人差があると思いますし、大量に飲んだり継続的な使用は良くないハーブもありますので、ご注意ください。

①バジルティー

バジルの葉はパスタのソースなどの食材としてよく使われてます。バジルソースはとても美味しいですよね。

 

f:id:t-akr125:20180203164430p:plain
バジルは消化を促す作用があり、胃炎や胃酸過多などの胃腸の症状を和らげる効果が期待できるのです。

またバジルの香り成分は、イライラや不安、不眠症などの改善にも効果があるといわれており、ストレス軽減が期待できます。

 
バジルティーとして食後に飲むと、リラックスできますし、消化を促し胃もたれを防ぐことが出来そうですね。

 

②ペパーミントティー

ペパーミントも食事によく使われてます。
ガムやアメにもよく入っていて、スーッと爽快感があり、リフレッシュできますよね。

 

f:id:t-akr125:20180120143922p:plain
ペパーミントは胃腸の機能を促進させる効果があり、腸内のガスやゲップ、吐き気を和らげて、胃の痛みや胃もたれなどの解消に役立ちます。

また、ペパーミントには不安や緊張、イライラなど高ぶった神経を静めて、気分を穏やかにする鎮静効果があり、胃酸過多に天敵なストレス解消にも役立ちますね。


ペパーミントティーは食べ過ぎや飲みすぎの後や、仕事の合間などリフレッシュしたりリラックスしたい時に飲むと効果的と思います。

その他、ミントには抗菌作用や抗炎症作用があり、咳や喉の痛みを和らげるなど、風邪の初期症状にも良いです。

 

カレンデュラティー

f:id:t-akr125:20180203164430p:plain
カレンデュラに含まれるカロチンには、粘膜の保護や修復を行う効果があり、またフラボノイドには抗炎症作用があります。

胃酸などで荒れた胃の痛みを緩和したり、粘膜の炎症を改善する効果があると言われています。


その他、カレンドュラには、殺菌・抗ウイルスや免疫力を向上させる効果があり、風邪やインフルエンザの予防にも役立ちますよ。

胃が荒れているなと思ったら、胃の粘膜を修復するためカレンデュラティーを飲んで、負担を軽減したいですね。
 

マリーゴールドとはカレンデュラの別名です。

 

ジャーマンカモミールティー

f:id:t-akr125:20180201223944p:plain
カモミールはとても香が良く、カモミールティーを飲むと、とてもリラックスして安らぎを感じますよね。
晩御飯を食べた後、カモミールを飲みながら、ゆっくりとくつろぐのが好きです。ストレス解消にもとても良いと思います。

カモミールには、

・胃酸の分泌を抑える作用
・消化促進
・粘膜などの炎症を緩和

などの胃腸の調子を整える効果があり、吐き気、食べすぎ、ストレス性の下痢などに役立ちます。


食後に飲むと、胃液による胸焼けをおさえる効果が期待できます。

 

レモングラスティー

f:id:t-akr125:20180724001733p:plain
レモングラスにはレモンに似たさわやかな香り成分(シトラール)が含まれ、リフレッシュ効果があります。


胃腸の調子を整える作用もあるので、食欲がないときや、食べ過ぎによる胃もたれなどに効果があります。

レモングラスティーを食後に飲むのもよいですし、仕事や勉強中でストレスを感じてきたときのリフレッシュにもよいですね。


その他、、レモングラスはセトロニンの分泌を促し不安を和らげたり、血流を改善し代謝をよくする効果、痛み止め、殺菌作用(頭痛、のどの痛み、発熱)などにも効果があると言われていますよ。

 

レモンバームティー

f:id:t-akr125:20180120144023p:plain
レモンバームティーには胃腸の調子を整え、消化を助ける作用があります。ガスがお腹にたまったときのガス抜きにも良いようです。

さらに爽やかな香りは抗うつ作用があり、気分の落ち込みや不安を解消し、胃酸に良くないストレスも軽減してくれます。

 

また、アレルギーに良い抗菌作用や抗ウイルス作用や、風邪のときの発汗作用や毒素排出の効果もあるそうですよ。

 

オレンジピールティー

f:id:t-akr125:20180203164430p:plain
オレンジピールレモングラスカモミールと効果が似ています。

胃腸の働きを良くするので、消化不良や食欲不振などの時にも役立ちますし、便秘や軽度の下痢の改善にも効果があります。

抗うつ作用もあり、落ち込んでいるときや不安の時に飲むと、気持ちが明るくなり神経も静まる効果があります。

カモミールレモングラスなど、似た効果のあるハーブとブレンドすると、より効果的だそうです。

 

胃酸過多に良く無い飲み物 

 

f:id:t-akr125:20180204145508p:plain

最後に、胃に刺激を与えて多く胃酸が分泌してしまう、できれば避けたい飲み物も述べておきます。

・アルコール類
・コーヒー、チョコレート、紅茶などカフェインが多い飲み物
・炭酸飲料
・香辛料、お酢
 

参考:胃酸過多症の意味と 僕が経験した実際の原因と対処法

  

最後に

 
f:id:t-akr125:20180724001733p:plain
いかがでしたか?
ハーブティーの味は好き嫌いもあると思いますし、効果も人によってまちまちだと思います。
この記事を参考に自分に合ったハーブティーを選んでみてはいかがでしょうか。
胃腸の調子が良くなったり、胃酸過多が軽減できれば、とてもうれしく思います。
 
最後までお読みいただき、ありがとうございました。