あきらのあきらめないブログ

肩こり、背中こり、首こりと戦い、胃酸過多に苦しみ、ダイエットは得意なアラフォーを越えてしまった、オッサンです。健康になるために、あきらめず奮闘する内容を書いています。また普段は他で歴史ブログを書いています。

胃酸過多と胸焼けが改善した方法(考え)と経過について

f:id:t-akr125:20181030221651p:plain

f:id:t-akr125:20180724001733p:plain
こんにちは、たなかあきらです。

僕は胃酸過多で、胸焼けに苦しんでいました。

医者に入っていません。市販の薬で何とかならないか、と考えていました。

そして、自分の症状をもう一度観察し、薬を変えてみたところ、大きな改善が見られました。

改善が見られた方法、そしてその後数週間たった経過について、記事にしました。

※これは僕個人の経験と考えです

胸焼けの原因と試した方法

 

f:id:t-akr125:20180203164430p:plain
先日、胸やけの原因について
・胃酸の強さ
・胃酸の量
・胃の粘膜の薄さ
何れかの原因によって効果のある薬が変わりますよ、という記事を書きました。

 

www.rekishiwales.club

 

 

f:id:t-akr125:20180204145436p:plain
僕の場合は、常に胃が荒れておりヒリヒリしている状態でしたので、

「胃の粘膜が薄いのでは」、と思っていました。

そして、胃の粘膜を修復する市販薬を主に飲んでいました。

 

ある程度は効くのですが、イマイチで、胸やけに苦しむ日々が続いていました。

 


f:id:t-akr125:20180201223717p:plain
そこで僕は胸焼けの原因について考えてみました。

ひょっとすると胃の粘膜が薄いのではなくて、胃酸自体に問題があるんじゃないか、と思うようになりました。

 

制酸効果の高い市販薬に変えてみたところ、すぐに効果が出て胸やけが大幅に減りました。

このことから、僕の胸やけの原因は
「胃の粘膜の薄さではなく、胃酸が多いまたは胃酸が強いことではないか」
と考えられました。

 

胸焼けと胃酸過多が改善したその後の経過

効いた制酸効果のある胃薬

 

f:id:t-akr125:20180120144023p:plain
制酸効果の胃薬に変えてから、3週間ほどたちました。
今の胸やけの状況を報告いたします。


最初に飲んでいた制酸効果の高い市販薬は効果が高く、有難いことに、ほぼ胸やけが止まりました。
と同時に、ゲップなどをしても胃酸が逆流してくることもなくなり、胃の痛みや不快感が殆ど消えました。
胃壁も復活したようで、胃が荒れている感覚もなくなりました。

 

ただ、僕の体に合わない部分もあったのか、下痢気味になる事があったので、1週間ほどかけて飲み切ってから、他の制酸効果のある市販薬に変えました。

 

様子を見ながら薬も変える


f:id:t-akr125:20180203164430p:plain
ある程度復活してきた僕の胃には、変えた市販薬でも十分でした。
(値段的にも最初の薬よりもずっとお値打ち)
今度は、この市販薬を1週間ほど飲み続けていたところ、胃の状態は良い状態をキープしていました。

 

あまり同じ薬を長く飲まない方が良いと良く聞きますので、制酸効果の高い胃薬を飲みながらも、少しづつ健胃効果の高い胃薬を織り交ぜています。

※消化を助け、胃酸も抑え、胃壁も保護する、それぞれの効果は強くないけどバランスのとれた薬

 

健胃効果の高い薬にシフトし、胃酸が出そうなとき(出た時)だけ制酸効果の高い薬を飲もうかなと考えています。

 

f:id:t-akr125:20180120143922p:plain
胃薬を変えて、僕の症状にピタリとあってから、約3週間が過ぎました。
胃の状態は、とてもよくなり、胸やけは殆どすることが無くなりました。
ここまで、効果があるものなのか、と自分でも驚いていますし、とてもうれしく思っています。

 

最後に

f:id:t-akr125:20180724001733p:plain

薬は飲まないに越したことはありません。
胃に負担をかけないように、改善を続けていき、胃薬を常用するのではなく、必要なときのみ胃薬を飲む、という状態になればなあ、と思っています。


・自分の症状に合った胃薬を見つける
・胃に負担をかけない生活を心がける
 よく噛んでゆっくり食べる
 胃に刺激の与えるものは積極的に食べない
 ストレスを避け、リラックスし十分に休養を取る

ですね!

 

参考記事:
よく噛むというのは何回噛めばよいの? 胃酸過多も軽減する理由

胃酸過多症の意味と 僕が経験した実際の原因と対処法 

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

もし少しでもお役に立ったのでしたら、嬉しく思います。